シニア海外ボランティア、ベトナムと糖尿と水泳と

シニア海外ボランティアのきっかけ・受験・研修の日々や任国での奮闘記。奮戦中の糖尿事情と運動療法

2017-11

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ベトナム1304(通算・1344)・1

ベトナム717日(3月5日 水曜日)・1

裾野産業支援活動・第367日目

チタン精錬工場訪問

前回タイグエンに行ってよったところは本社であって工場ではない。
本社から50キロほど北に行った殆んどタイグエンの端。

工場近くから道路も狭く1車線でぬかるみと来て鉱山らしくなる。
精錬所のある建て屋から未だ2キロほどぬかるみ歩いてやっと鉱山の採掘現場ということで採掘現場までの泥道押しての行軍はあきらめた。

ここでは45%程度の含有を最終93~95%程度まで純度を上げていた。
チタンというからもう少し白っぽい塊や粉末想像していたがほぼ黒。
工場長は日本のチタンのメーカーの工場を見てきた経験があるらしく盛んに感心していた。

日本が加工により安い素材を10倍ほどの付加価値つけて国のカジ取りしてきたように、ベトナムだってチタンの加工が出来れば随分国が潤う事になるかも知れぬ。
ただチタンは真空溶解しなければならないから、おいそれと手が出せない。
板にするのだって、日本ですらチタン専用でなくステンレスの製造装置使っての生産だから、この国で板を作るのはとても難しい事である。

昼食時現地の伝統料理屋に連れられたが川魚の鍋、匂いは特に無かったし、白身の魚のような身だったが骨が厄介だ。
それ以上に閉口したのは強い地酒を乾杯・乾杯で空けさせられた。
随分長く良いが残って、痔にはことのほか悪い。

建築用金網工場の見学

酔いの残ったまま1時間半ほど車に揺られてドンアインについた。
直接工場の建て屋の中に連れられて金網を作っているところに行った。
思ったような3ミリ5ミリのコンクリートの下地の目の粗い金網想像していたら全く違った。
1ミリ程度のもっと複雑なものでこれなら物流含めても商売になるかも知れぬ。
頭に入れておこう。







スポンサーサイト

テーマ:ものづくり - ジャンル:ビジネス

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://svol1.blog.fc2.com/tb.php/1362-92fca26e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 | ホーム | 

FC2Ad

 

プロフィール1

東北大震災のボランティアがきっかけで開発途上国で、小生の過去の知識を発揮することがより大きな人のためとなり国益にもかなうと考えシニア海外ボランティアに応募

ガク_さん

Author:ガク_さん
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (24)
始めの挨拶 (1)
受験のきっかけ (1)
受験 (2)
研修所の日々 (16)
ベトナムの生活 (79)
ベトナムでの活動 (405)
糖尿はお友達 (1)
運動療法 (1)
運動療法・水泳 (1)
プロフィール (1)
昔の思い出  (1)
出発前準備 (9)
ベトナム生活・語学研修 (29)
ベトナム・生活習慣病対策 (664)
日本に1時帰国 (28)
現地での教育活動 (87)
現地での語学練習 (20)

 

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

足あと おきてがみ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。